最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

リサンプル コマンドの選択

次の表に、離散時間モデルをリサンプリングするときに使用できる関数を示します。

ツールの用途 コマンド
  • システムをダウンサンプルする。

  • 新しいサンプル時間に何らの制約も加えずに、システムをアップサンプルする。

d2d

次の場合に、最も正確なシステムにアップサンプルする。

  • 新しいサンプル時間が、元のモデルよりも整数倍速い場合

  • 新規モデルの状態数が元のモデルより多い場合

upsample

参考

関数

ライブ エディター タスク

関連するトピック