Main Content

mps.json.decoderesponse

サーバー応答からの JSON テキストを MATLAB データに変換

説明

lhs = mps.json.decoderesponse(response) は、正常に完了した MATLAB® 関数呼び出しから返された出力引数の JSON ペイロードを読み取ります。

error = mps.json.decoderesponse(response) は、失敗した MATLAB 関数呼び出しからスローされた MATLAB エラーの JSON ペイロードを読み取ります。

すべて折りたたむ

mps.json.decoderesponse('{"lhs":[[[1, 2, 3, 4]]]}')
ans =
  1x1 cell array
    {1x4 double}

mps.json.encoderequestmps.json.decoderesponse を実行し、webwrite を使用して MATLAB Production Server™ にデプロイされた関数を呼び出します。この場合、学生の名前と対応するスコアは、MATLAB Production Server にデプロイされたスコアに基づいて学生を並べ替える関数 sortstudents に渡されます。返される結果は、MATLAB から関数 sortstudents(struct('name', 'Ed', 'score', 83), struct('name', 'Toni', 'score', 91)) を呼び出す場合と同等になります。

サーバーへデプロイされた MATLAB 関数 sortstudents を含むデプロイ可能なアーカイブ studentapp があると仮定します。

data = {struct('name', 'Ed', 'score', 83), struct('name', 'Toni', 'score', 91)};
body = mps.json.encoderequest(data);

options = weboptions;

% Create a weboptions object that instructs webread to return JSON text
options.ContentType = 'text';

% Create a weboptions object that instructs webwrite to encode character vector data as JSON to post it to a web service
options.MediaType = 'application/json';    

response = webwrite('http://localhost:9910/studentapp/sortstudents', body, options);

result = mps.json.decoderesponse(response);

入力引数

すべて折りたたむ

MATLAB 関数呼び出しからの JSON 結果。JSON テキストとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

MATLAB Production Server から呼び出された MATLAB 関数からの出力引数の cell ベクトル。

MATLAB Production Server から呼び出された MATLAB 関数への要求の結果が MATLAB エラーになった場合に生成される出力。struct 配列として返されます。

バージョン履歴

R2018a で導入