Main Content

Communications Toolbox Support Package for RTL-SDR Radio 入門

RTL-SDR を使用して RF データを取得する

Communications Toolbox™ Support Package for RTL-SDR Radio を使用して、実用的な SDR システムを設計および検証します。サポートにより、ライブ RF 信号を受信するためのスタンドアロン周辺装置として RTL-SDR USB 無線機を使用できるようになります。

チュートリアル

  • 受信機の周波数オフセット キャリブレーション

    この例では、MATLAB® および Communications Toolbox™ を使用して、受信機で送信機と受信機の間の周波数オフセットの測定とキャリブレーションを行う方法について説明します。

  • Simulink での受信機の周波数オフセット キャリブレーション

    この例では、Simulink® および Communications Toolbox™ を使用して、受信機側で送信機/受信機の周波数オフセットの測定とキャリブレーションを行う方法について説明します。

  • 信号のスペクトル解析

    この例では、MATLAB®、Communications Toolbox™、および DSP System Toolbox™ を使用した信号のダウンストリーム スペクトル解析を示します。

  • Spectrum Analysis of Signals in Simulink

    This example shows you how to use Simulink® and Communications Toolbox™ to perform spectrum analysis of the downstream signals. You can tune the radio to a band where a signal is present by changing the center frequency. You can then use the spectrum analyzer to view and make measurements on the received spectrum. You can either use recorded data from a file, or receive over-the-air signals in real time using an RTL-SDR radio, ADALM-PLUTO radio, or USRP™ radio.

  • Simulink での FM ブロードキャスト受信機

    この例では、Simulink® および Communications Toolbox™ を使用して FM のモノラル受信機またはステレオ受信機を作成する方法について説明します。

  • Simulink での FRS/GMRS 受信機

    この例では、Simulink® および Communications Toolbox™ を使用してトランシーバー受信機を実装する方法について説明します。

  • FRS/GMRS トランシーバー受信機

    この例では、MATLAB® および Communications Toolbox™ を使用してトランシーバー受信機を作成する方法について説明します。