Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

生成されたコードでの LAPACK 呼び出し

特定の線形代数関数に対して生成されたコードの実行速度を向上させるために、MATLAB® Coder™ は線形代数関数のコードを生成せずに LAPACK 関数の呼び出しを生成します。LAPACK は数値的線形代数のソフトウェア ライブラリです。MATLAB Coder は LAPACK への LAPACKE C インターフェイスを使用します。

MEX 生成の場合、線形代数関数の入力配列が特定の条件を満たす場合、コード ジェネレーターは LAPACK 呼び出しを生成します。スタンドアロン コード (ライブラリまたは実行可能プログラム) の場合、既定では、コード ジェネレーターは LAPACK 呼び出しを生成しません。LAPACK 呼び出しを生成するように指定すると、線形代数関数の入力配列が条件を満たす場合、コード ジェネレーターは LAPACK 呼び出しを生成します。生成されたスタンドアロン コードでの LAPACK 呼び出しを使用した線形代数の高速化を参照してください。

MEX 関数の場合、コード ジェネレーターは MATLAB に含まれている LAPACK ライブラリを使用します。MATLAB は、eigsvd などの一部の線形代数関数で LAPACK を使用します。スタンドアロン コードの場合、コード ジェネレーターは指定の LAPACK ライブラリを使用します。LAPACK ライブラリの指定を参照してください。

関連するトピック

外部の Web サイト