Main Content

timetable 入力の定義

コマンド ラインまたは MATLAB® Coder™ アプリで timetable 入力を定義できます。前提条件 (assert ステートメント) を使用した timetable 入力の型のプログラムによる指定はサポートされません。

コマンド ラインでの timetable 入力の定義

次のいずれかの手順を使用します。

または、サンプル入力を使用してエントリポイント関数を呼び出すテスト ファイルがある場合は、coder.getArgTypes を使用して入力の型を指定できます。

timetable 入力の例の提供

-args オプションを使用します。

TT = timetable(A,B,C,'RowTimes',D,'VariableNames',vnames);
codegen myFunction -args {TT}

timetable の型の指定

codegen への timetable の型を指定するには、次のようにします。

  1. timetable を定義します。次に例を示します。

    TT = timetable(A,B,C,'RowTimes',D,'VariableNames',vnames);

  2. T から型を作成します。

    t = coder.typeof(TT);
    

  3. -args オプションを使用して、型を codegen に渡します。

    codegen myFunction -args {t}
    

定数 timetable 入力の指定

timetable 入力が定数であることを指定するには、-args オプションと coder.Constant を併用します。

TT = timetable(A,B,C,'RowTimes',D,'VariableNames',vnames);
codegen myFunction -args {coder.Constant(TT)}

MATLAB Coder アプリでの timetable 入力の定義

次のいずれかの手順を使用します。

timetable の表現

timetable の coder 型オブジェクトは、オブジェクトとそのプロパティを記述します。coder.typeof を使用するか、timetable を string スカラーとして coder.newtype に渡します。

coder 型オブジェクトは、内部状態の値を除外して、オブジェクトのプロパティの簡潔な説明を表示します。非定数プロパティについては型とサイズが表示され、定数プロパティについてはその値だけが表示されます。次に例を示します。

t = timetable((1:5)',(11:15)','SampleRate',1);
tType = coder.typeof(t)

変数 t の表現が coder 型オブジェクト tType に格納されます。

tType = 

   matlab.coder.type.RegularTimetableType
     5x2 timetable
	                Data : 1x2 homogeneous cell
	         Description : 1x0 char
	            UserData : 0x0 double
	      DimensionNames : {'Time'}    {'Variables'}
	       VariableNames : {'Var1'}    {'Var2'}
	VariableDescriptions : 1x2 homogeneous cell
	       VariableUnits : 1x2 homogeneous cell
	  VariableContinuity : 1x2 matlab.internal.coder.tabular.Continuity
	           StartTime : 1x1 matlab.coder.type.DurationType
	          SampleRate : 1x1 double
	            TimeStep : 1x1 matlab.coder.type.DurationType

SampleRate または TimeStep を指定して規則的な timetable を定義します。RowTimes を指定して不規則な timetable を定義することもできます。次に例を示します。

t1 = timetable((1:3)','RowTimes',seconds(1:3));
t1Type = coder.typeof(t)

不規則な table t1 の表現が coder 型オブジェクト t1Type に格納されます。

t1Type = 

   matlab.coder.type.TimetableType
     3x1 timetable
	                Data : 1x1 homogeneous cell
	         Description : 1x0 char
	            UserData : 0x0 double
	      DimensionNames : {'Time'}    {'Variables'}
	       VariableNames : {'Var1'}
	VariableDescriptions : 1x1 homogeneous cell
	       VariableUnits : 1x1 homogeneous cell
	  VariableContinuity : 1x1 matlab.internal.coder.tabular.Continuity
	            RowTimes : 3x1 matlab.coder.type.DurationType

ワークフローで coder 型オブジェクトの従来の表現が必要な場合は、クラスまたはオブジェクトの新しい表現をもつ変数で関数 getCoderType を使用します。coder 型オブジェクトの従来の表現を参照してください。

coder.resize を使用したオブジェクトのプロパティのサイズ変更

ほとんどのオブジェクトは、coder.resize を使用してサイズ変更できます。オブジェクトやそのプロパティのサイズを変更したり、プロパティ内で配列を作成したりできます。

timetable coder オブジェクトについて、オブジェクトのプロパティのサイズを次のように変更できます。

t = timetable((1:5)',(11:15)','SampleRate',1);
tType = coder.typeof(t);
tType.UserData = coder.resize(tType.UserData,[10 1],[1 0])

このコードは、UserData プロパティのサイズを :10x1double プロパティに変更します。最初の次元の上限は 10 です。

tType = 

   matlab.coder.type.RegularTimetableType
     5x2 timetable
	                Data : 1x2 homogeneous cell
	         Description : 1x0 char
	            UserData : :10x1 double
	      DimensionNames : {'Time'}    {'Variables'}
	       VariableNames : {'Var1'}    {'Var2'}
	VariableDescriptions : 1x2 homogeneous cell
	       VariableUnits : 1x2 homogeneous cell
	  VariableContinuity : 1x2 matlab.internal.coder.tabular.Continuity
	           StartTime : 1x1 matlab.coder.type.DurationType
	          SampleRate : 1x1 double
	            TimeStep : 1x1 matlab.coder.type.DurationType

coder.resize を使用してオブジェクトのサイズを変更することもできます。coder 型オブジェクトとプロパティの編集および表現を参照してください。

参考

| |

関連するトピック