Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Code Replacement Viewer

コード置換ライブラリの内容の調査

説明

コード置換ビューアーには、コード置換ライブラリとテーブルの内容が表示されます。このツールを使用してコード置換ライブラリを参照、選択するか、事前定義されたコード置換テーブルを表示します。カスタムのコード置換ライブラリを開発する場合、このビューアーを使用して以下のプロパティに対するテーブル エントリを確認できます。

  • 引数の順序が正しい

  • 概念引数名がコード ジェネレーターの命名規則に一致している

  • 実装引数名が正しい

  • ヘッダーまたはソース ファイルの指定が欠落していない

  • I/O の種類が正しい

  • エントリの相対的な優先順位が正しい (優先順位が最も高いのは 0 で、優先順位が最も低いのは 100)

  • 飽和または丸めモードの指定が欠落していない

ビューアーを開くときにライブラリ名を指定すると、ライブラリに含まれるコード置換テーブルがビューアーに表示されます。ビューアーを開くときにテーブル名を指定すると、そのテーブルの関数と演算子のコード置換エントリがビューアーに表示されます。このビューアーには定義されるコード置換テーブルのみを表示できます。コード置換テーブルの作成の詳細については、Define Code Replacement Library Optimizations (Embedded Coder)を参照してください。

Code Replacement Viewer を開く

MATLAB® コマンド プロンプトから crviewer を使用して開きます。

すべて展開する

この例では登録済みのコード置換ライブラリ GNU C99 extensions を開きます。

crviewer('GNU C99 extensions')

この例では事前定義されたコード置換テーブル crl_table_sinfcn を開きます。この例のテーブルの作成方法の詳細については、Define Code Replacement Library Optimizations (Embedded Coder)を参照してください。

crviewer(crl_table_sinfcn)

関連する例

プログラムによる使用

すべて展開する

crviewer('library') はコード置換ビューアーを開いて library の内容を表示します。ここで library は、登録されているコード置換ライブラリの名前を示す文字ベクトルです。

crviewer(table) はコード置換ビューアーを開いて事前定義された table の内容を表示します。ここで table は、コード置換テーブルを定義する MATLAB ファイルです。テーブルはユーザーが事前定義し、ファイルは現在のフォルダーまたは MATLAB パス上になければなりません。

R2014b で導入