Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AUTOSAR.Signal

信号のデータ型、コード生成オプション、その他の属性の指定

AUTOSAR コンポーネント データの実行時キャリブレーションのために、R2018b と R2019a では、コード マッピング エディターを使用して、モデル ワークスペース パラメーターと内部信号、状態およびデータストアのグラフィカル マッピングが AUTOSAR コンポーネントの内部パラメーターと変数に導入されました。詳細については、コード生成用の AUTOSAR 要素のマッピングを参照してください。

説明

このクラスを使用すると、AUTOSAR ランナブルのインスタンスごとのメモリをモデル化するためのワークスペース オブジェクトを作成できます。ベース MATLAB® ワークスペースに AUTOSAR.Signal オブジェクトを作成できます。

このクラスは Simulink.Signal クラスを拡張します。信号オブジェクトを使用して、信号や離散状態に含まれる属性、たとえばデータ型、数値型、次元などを割り当てたり、検証することができます。詳細は、Simulink.Signal のリファレンス ページを参照してください。

AUTOSAR.Signal オブジェクトを定義するには、MATLAB コマンド ウィンドウで、オブジェクトをインスタンス化して、それに名前を割り当てます。

arSig = AUTOSAR.Signal;

ワークスペース オブジェクトを開いて、プロパティを確認および変更します。

プロパティ ダイアログ ボックス

Simulink.Signal のリファレンス ページでは、信号の属性について詳細に説明しています。AUTOSAR.Signal クラスは、[ストレージ クラス] 属性に次の追加項目を選択することで Simulink.Signal クラスを拡張します。

  • PerInstanceMemory — AUTOSAR のインスタンスごとのメモリは、AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント内のインスタンス固有のグローバル メモリです。AUTOSAR ランタイム環境のジェネレーターは、このメモリを割り当て、メモリにアクセスするための API を提供します。このストレージ クラスを選択することで、カスタム属性の [needsNVRAMAccess] および [IsArTypedPerInstanceMemory] が有効になります。

    • [needsNVRAMAccess] では、AUTOSAR の信号がプロセッサの不揮発性 RAM へのアクセスを必要とするかどうかを指定できます。モデルに選択されている AUTOSAR スキーマによっては、この設定はモデルの XML 出力に影響を与える可能性があります。

    • [IsArTypedPerInstanceMemory] を使用すると、C 型のインスタンスごとのメモリではなく、AUTOSAR 型のインスタンスごとのメモリを使用するかどうかを指定できます。

作成した AUTOSAR.Signal オブジェクトは Data Store Memory ブロックで参照できます。詳細については、以下を参照してください。

R2013b で導入