Main Content

SISO での TDL-E 遅延プロファイルのパス ゲインのプロット

nrTDLChannel System object を使用して、タップ付き遅延線 (TDL) の単入力/単出力 (SISO) チャネルのパス ゲインをプロットします。

TR 38.901 の Section 7.7.2 の遅延プロファイル TDL-E を使用してチャネルを構成します。最大ドップラー シフトを 70 Hz に設定し、パス ゲイン出力を有効にします。

tdl = nrTDLChannel;
tdl.SampleRate = 500e3;
tdl.MaximumDopplerShift = 70;
tdl.DelayProfile = 'TDL-E';

SISO 操作用の送信アンテナ アレイと受信アンテナ アレイを構成します。

tdl.NumTransmitAntennas = 1;
tdl.NumReceiveAntennas = 1;

ダミーの入力信号を作成します。入力の長さによって、生成されるパス ゲインの時間サンプルが決まります。

in = zeros(1000,tdl.NumTransmitAntennas);

パス ゲインを生成するには、入力のチャネルを呼び出します。結果をプロットします。

[~, pathGains] = tdl(in);
mesh(10*log10(abs(pathGains)));
view(26,17); xlabel('Channel Path');
ylabel('Sample (time)'); zlabel('Magnitude (dB)');

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type surface.

参考

オブジェクト