MathWorks プレス ルーム

MathWorks、新しい 3GPP 無線技術開発用の 5G ライブラリを発表

5G 標準化に向けて、物理層アルゴリズムおよび リンクレベルのリファレンスを提供

Natick, MA, United States - (16 Nov 2017)

5G ライブラリを利用した、新しい3GPP無線技術の動作・性能の検証

MathWorks は、2018 年 3 月に予定されている 3GPP 5G 標準仕様の最初のリリースに先駆けて、無線設計・検証をサポートする5G ライブラリを発表しました。5G ライブラリには関数およびリンクレベルのリファレンス デザインが用意されており、新しい 3GPP 無線技術の動作やパフォーマンスを検証することができます。無線通信エンジニアは、5Gライブラリを活用することで、5G を実現する技術や、それらの技術が 5G システムの設計全体に与える影響を評価するシミュレーションが可能になります。 

5G 標準ではモバイル ブロードバンド、M2M 通信、コネクテッド・ビークルなどのアプリケーション分野におけるイノベーションを促進する高度な技術を導入する予定です。無線システムのエンジニアは 5G ライブラリを使用することで、標準規格の最終確定を待たずに新しい 5G テクノロジーを検証し、取り入れることができます。ライブラリに含まれる 5G アルゴリズムおよび 38.901 チャネル モデルの信頼できる MATLAB 実装により、新しい波形や符号化スキームのパフォーマンス特性を迅速に評価し、受信側のアルゴリズムを開発することができます。 

Convida Wireless 社、リンクレベル シミュレーション部門リードの Lakshmi Iyer 氏は次のように述べています。「MATLAB でシミュレーションを実行できることにより、5G ワーキンググループメンバーとのより高度な連携を実現することができます。弊社が協力する多くの5G ワーキンググループの企業がシミュレーションやデータ解析にMATLAB を使用しているためです。標準仕様について、他のメンバーと確かな情報に基づいた議論をするためには、互いの前提条件や結果を比較できるようにする必要があります。そして、その議論の大部分はシミュレーションに依存しているのです。5G ライブラリを使用した MATLAB シミュレーションを利用することで対話を一層進めることができます。」

MathWorks シニア ストラテジストの Ken Karnofsky は次のように述べています。「新しい 5G 標準に準拠する製品を開発する無線エンジニアは、非常に大きな変化と複雑さに直面しています。信頼性に優れ、カスタマイズ可能で、詳しくドキュメント化された5G ライブラリは、新しい 5G テクノロジーの習得期間を短縮し、エンジニアは仕様と性能目標が合致した設計を構築・検証することができます。」

5G ライブラリは、LTE System Toolbox のアドオンで、無料でダウンロードすることがきます。提供される機能は以下の通りです。

  • チャネル モデル (3GPP TR 38.901 で指定される Tapped Delay Line (TDL) および Clustered Delay Line (CDL) チャネル モデルを含む)
  • スペクトル効率を向上させる新しい無線波形 (Filtered OFDM (F-OFDM)、Windowed OFDM (W-OFDM)、および Cyclic Prefix OFDM (CP-OFDM) を含む)
  • LDPC などの新しい符号化スキーム (管理情報向けデータ符号およびポーラ符号用、エラーの修正用、およびデータ レートの改善用)
  • リンク スループットの測定を可能にするリンクレベル シミュレーションのリファレンス設計

5G ライブラリは、5G テクノロジーを開発するための MATLAB および Simulink の一連の機能を補完する以下の機能を備えています。

  • 大規模な MIMO アンテナ アレイのモデリングおよびハイブリッド ビームフォーミング アーキテクチャの設計
  • ミリ波の周波数におけるデータ転送速度を向上させるための、RF システム アーキテクチャ、パワー アンプ、デジタル補償のモデリング
  • 5G ハードウェアのテストベッドを短時間で開発するための FPGA 実装の自動化

5G ライブラリはすでに提供が開始されています。無線通信エンジニアチームが MATLAB を使い、アルゴリズム開発からシステム全体のシミュレーション、ハードウェア実装にいたるまで、あらゆる工程において時間の短縮を実現しています。詳細については、MATLAB を使用した 5G 無線テクノロジーの開発 を参照してください。

About MathWorks

MathWorks is the leading developer of mathematical computing software. MATLAB, the language of technical computing, is a programming environment for algorithm development, data analysis, visualization, and numeric computation. Simulink is a graphical environment for simulation and Model-Based Design for multidomain dynamic and embedded systems. Engineers and scientists worldwide rely on these product families to accelerate the pace of discovery, innovation, and development in automotive, aerospace, electronics, financial services, biotech-pharmaceutical, and other industries. MATLAB and Simulink are also fundamental teaching and research tools in the world's universities and learning institutions. Founded in 1984, MathWorks employs more than 3500 people in 15 countries, with headquarters in Natick, Massachusetts, USA. For additional information, visit mathworks.com.

MATLAB and Simulink are registered trademarks of The MathWorks, Inc. See mathworks.com/trademarks for a list of additional trademarks. Other product or brand names may be trademarks or registered trademarks of their respective holders.