ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

記述統計

範囲、中心傾向、標準偏差、分散、相関

関数

corrcoef 相関係数
cov 共分散
max 配列の最大要素
mean 配列の平均値
median 配列の中央値
min 配列の最小要素
mode 配列の最頻値
std 標準偏差
var 分散
cummax 累積最大値
cummin 累積最小値
movmax 移動最大値
movmean 移動平均値
movmedian 移動中央値
movmin 移動最小値
movstd 移動標準偏差値
movsum 移動合計値
movvar 移動分散値
histcounts ヒストグラムのビンのカウント数
histcounts2 2 変量ヒストグラムのビンのカウント数
discretize 数値データをビンまたはカテゴリにグループ化
findgroups グループを見つけてグループ番号を返す
splitapply データをグループに分割して関数を適用

例および操作のヒント

記述統計

データの要約

不整合データ

外れ値の特定

データのフィルター処理

データの平滑化

データのトレンド除去

線形トレンドの除去

線形相関

共分散と相関係数

線形回帰

最小二乗近似の紹介

対話型の近似

基本的な近似 UI

プログラムによる近似

最小二乗近似のための関数

データのグループへの分割と統計値の計算

この例では、patients.mat データ ファイルからのデータをグループに分割する方法を説明します。

概念

データ分割のためのグループ化変数

グループ化変数を使用してデータ変数をグループに分割できます。

この情報は役に立ちましたか?