Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

信号の急激な変化の可視化

この例では、変化点検出を使用して信号の変化や突発的発生を特定する方法を説明します。変化点検出では、確率過程または時系列の確率分布が変化する時点の識別を試みます。

メモ

この例を実行するには、Signal Processing Toolbox を使用するライセンスの与えられた MathWorks アカウントにログインしていなければなりません。

データの読み取り

チャネル 12397 に保存された MathWorks® の敷地内での風速を、関数 thingSpeakRead を使用して読み取ります。

data = thingSpeakRead(12397,'Fields',2,'NumPoints',1000);

変化点の可視化

風速は、気圧の高い地域から低い地域への空気の移動によって決まります。気圧の変化は、通常は大気温度の変化によるものです。MathWorks 気象計のパーツとして取り付けられた風速計は、風速を測定し、ThingSpeak™ のチャネル 12397 に書き込みます。

瞬間風速は頻繁に変わることが予想されますが、平均風速はより優れた天候状態の指標となります。関数 findchangepts は、急激に平均風速が変化した点の検出を試み、検出された変化をプロットします。

findchangepts(data,'Statistic','mean');

プロットは、風速の平均値が変化したのはデータ中 1 点のみであるとこを示しています。

参考

関数