ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB 構文と MuPAD 構文の違い

メモ

MuPAD® Notebook は将来のリリースでは削除される予定です。代わりに MATLAB® ライブ スクリプトを使用してください。

MuPAD Notebook ファイルを MATLAB ライブ スクリプト ファイルに変換するには、convertMuPADNotebook を参照してください。MATLAB ライブ スクリプトは、多少の違いはありますが、MuPAD 機能の大半をサポートします。詳細は、MuPAD Notebook を MATLAB ライブ スクリプトに変換を参照してください。

MATLAB 構文と MuPAD 構文には、いくつかの違いがあります。正しい構文が使用できるようになるには、どのインターフェイスを使うかに注意してください。

  • MATLAB ワークスペースでは、MuPAD 構文を使用する関数 evalin(symengine,...)feval(symengine,...) を "除いて"、MATLAB 構文を使用してください。

  • MuPAD Notebook では、MuPAD 構文を使用してください。

MATLAB 変数は、定義してから使用します。ただし、MuPAD Notebook に入力されたすべての式は、特に定義されていない限り、シンボリック変数の組み合わせと仮定されます。つまり、わずかな誤字であっても構文エラーとなるため、MuPAD Notebook で作業するときは、特に注意しなければなりません。

この表は、よく使うタスク、つまりコマンドまたは関数と、それらの構文が MATLAB と MuPAD とでどのように違うかを示しています。

よく使うタスクの MATLAB 構文と MuPAD 構文

タスクMuPAD 構文MATLAB 構文
代入:==
変数のリストanames(All, User)whos
式の数値float(expression)double(expression)
出力の非表示:;
行列の入力matrix([[x11,x12,x13], [x21,x22,x23]])[x11,x12,x13; x21,x22,x23]
MuPAD セットの変換{a,b,c}unique([1 2 3])
オートコンプリートCtrl+space barTab
等号、不等号による比較=<>==~=

次の表は、MATLAB と MuPAD の式表現の違いを示しています。

MATLABMuPAD の式

MuPAD 式MATLAB 式
infinityInf
PIpi
Ii
undefinedNaN
truncfix
arcsinarccosasinacos
numeric::intvpaintegral
normalsimplifyFraction
besselJbesselYbesselIbesselK besseljbesselybesselibesselk
lambertWlambertw
SiCisinintcosint
EULEReulergamma
conjugateconj
CATALANcatalan

指数部分の定義は、MuPAD と Symbolic Math Toolbox™ とでは異なります。

 Symbolic Math Toolbox 定義MuPAD 定義
指数積分

expint(x) = –Ei(–x) =

xexp(t)tdt for x>0=

Ei(1, x).

Ei(x)=xettdt for x<0.

Ei(n,x)=1exp(xt)tndt.

Ei の定義は複素平面にまで拡張されており、分枝切断が負の実数軸に沿っています。