ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

compose

構文

compose(f,g)
compose(f,g,z)
compose(f,g,x,z)
compose(f,g,x,y,z)

説明

compose(f,g)f(g(y)) を返します。ここで、f = f(x) および g = g(y) です。また、xsymvar で定義された f のシンボリック変数で、ysymvar で定義された g のシンボリック変数です。

compose(f,g,z)f(g(z)) を返します。ここで、f = f(x)g = g(y)xy は、symvar で定義された f および g のシンボリック変数です。

compose(f,g,x,z) は、f(g(z)) を返し、xf の独立変数にします。つまり、f = cos(x/t) の場合、compose(f,g,x,z)cos(g(z)/t) を返し、compose(f,g,t,z)cos(x/g(z)) を返します。

compose(f,g,x,y,z) は、f(g(z)) を返し、xf の独立変数、yg の独立変数にします。f = cos(x/t) および g = sin(y/u) の場合、compose(f,g,x,y,z)cos(sin(z/u)/t)compose(f,g,x,u,z)cos(sin(y/z)/t) を返します。

すべて折りたたむ

既存の関数からの関数の作成によって関数が合成されることを示します。

関数を宣言します。

syms x y z t u
f = 1/(1 + x^2);
g = sin(y);
h = x^t;
p = exp(-y/u);

異なる関数および変数を入力とする関数を合成します。

a = compose(f,g)
a =
1/(sin(y)^2 + 1)
b = compose(f,g,t)
b =
1/(sin(t)^2 + 1)
c = compose(h,g,x,z)
c =
sin(z)^t
d = compose(h,g,t,z)
d =
x^sin(z)
e = compose(h,p,x,y,z)
e =
exp(-z/u)^t

入力引数

すべて折りたたむ

入力。シンボリックな関数または式として指定します。

入力。シンボリックな関数または式として指定します。

シンボリック変数。シンボリックな変数として指定します。

シンボリック変数。シンボリックな変数として指定します。

参考

| |

R2006a より前に導入