ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

逆ガウス分布

定義

逆ガウス分布は、次の確率密度関数をもちます。

λ2πx3exp{λ2μ2x(xμ)2}

背景

逆ガウス分布は、ワルド分布とも呼ばれており、正に歪んでいる非負データのモデル化に使用されます。この分布は、もともとブラウン運動の理論で考え出されたものですが、種々の現象のモデル化にも使われてきました。逆ガウス分布には、標準ガウス (正規) 分布と多くの類似点があるため、推測統計学で応用されます。

パラメーター

分布パラメーターを評価するには、mle または Distribution Fitter アプリを使用します。

参考

関連するトピック