Main Content

双方向 DC-DC コンバーターの電流制御

この例では、双方向 DC-DC コンバーターのインダクター電流を制御する方法を説明します。デューティ比を調整するために、Control サブシステムは PI ベースの制御アルゴリズムを使用します。この双方向 DC-DC コンバーターでは、平均化されたスイッチを使用しています。さまざまなレベルの忠実度を達成するために、変調波形、平均化されたゲート パルス、またはゲート パルスを使用できます。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、テストでのインダクターの要求電流と測定電流、および 12 V 回路網のバッテリー電圧を示しています。

リアルタイム シミュレーションの結果

この例の変調波形を使用して制御される双方向 DC-DC コンバーターは、Intel® 3.5 GHz i7 マルチコア CPU を搭載した Speedgoat Performance リアルタイム ターゲット マシンでテストされました。このモデルは、20 マイクロ秒のステップ サイズでリアル タイム実行できます。