Main Content

PWM Generator

パルス幅変調された信号または波形の生成

  • ライブラリ:
  • Simscape / Electrical / Control / Pulse Width Modulation

  • PWM Generator block

説明

PWM Generator ブロックは、PWM 発生器を実装します。パルス幅変調方式により、最大電力伝送と電力伝送なしをすばやく切り替えることで電気コンポーネント間の電力伝送を制御します。

動作原理

PWM Generator ブロックは、デューティ比がキャリア カウンターの値よりも大きいときは 1、それ以外のときは 0 を出力します。タイマー周期 Tper を指定して各サイクルの周期を設定できます。3 種類のキャリア カウンターからいずれかを指定して PWM 出力の初期出力 (位相) を変更できます。

  • アップ カウンター — PWM 出力信号が on サイクルの開始時に初期化されます。次の図に、キャリア カウンター信号と対応する PWM 出力を示します。

  • ダウン カウンター — PWM 出力信号が off サイクルの開始時に初期化されます。次の図に、キャリア カウンター信号と対応する PWM 出力を示します。

  • アップダウン カウンター — PWM 出力信号が on サイクルの途中で初期化されます。次の図に、キャリア カウンター信号と対応する PWM 出力を示します。

端子

入力

すべて展開する

範囲 [0,1] のデューティ比。

データ型: single | double

出力

すべて展開する

パルス幅変調信号。

データ型: single | double

パラメーター

すべて展開する

キャリア カウンター方式を使用して PWM 出力の初期動作を変更します。

  • アップ カウンター — PWM 出力が on 状態の開始時から始まります。

  • ダウン カウンター — PWM 出力が off 状態の開始時から始まります。

  • アップダウン カウンター — PWM 出力が on 状態の途中から始まります。

PWM タイマー周期。

[キャリア カウンター][上] または [下] に設定した場合、[タイマー周期 (s)] パラメーターは 1fsw として指定されます。ここで、fsw はスイッチング周波数です。[キャリア カウンター][上 - 下] に設定した場合、[タイマー周期 (s)] パラメーターは 12fsw として指定されます。

位相遅延 (秒)。位相遅延を追加してカウンターの初期状態を変更します。

ブロックのサンプル時間。連続時間シミュレーションについては、ゼロに設定します。離散時間シミュレーションについては、生成された信号で十分な分解能が得られるように、Tper/10 以下の正の値を指定します。ここで、Tper[タイマー周期 (s)] です。

モデルの例

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2017b で導入