Main Content

Clarke to Park Angle Transform

αβ0 から dq0 への変換を実装

  • ライブラリ:
  • Simscape / Electrical / Control / Mathematical Transforms

  • Clarke to Park Angle Transform block

説明

Clarke to Park Angle Transform ブロックは、静止基準座標系の alpha、beta、ゼロの成分を回転基準座標系の直軸、横軸、ゼロの成分に変換します。平衡三相システムの場合、ゼロ成分はゼロに等しくなります。

このブロックでは、三相システムの a 相の軸を時間 t = 0 において回転基準座標系の q 軸または d 軸のいずれかに揃えるように構成できます。次の図は、三相システム、静止 αβ0 基準座標系、および回転 dq0 基準座標系における固定子巻線の磁気軸の向きを示しています。

  • a 軸と q 軸が最初に揃っています。

  • a 軸と d 軸が最初に揃っています。

どちらの場合も、角度は θ = ωt です。

  • θ は、q 軸に揃える場合は a 軸と q 軸の間の角度、d 軸に揃える場合は a 軸と d 軸の間の角度です。

  • ω は、d-q 基準座標系の回転速度です。

  • t は、最初の配置からの時間 (秒数) です。

次の図は、同等の平衡な αβ0 と dq0 の各成分の時間応答を示しています。

  • a 相のベクトルを q 軸に揃える

  • a 相のベクトルを d 軸に揃える

方程式

Clarke to Park Angle Transform ブロックは、a 相を q 軸に揃える変換を次のように実装します。

[dq0]=[sin(θ)cos(θ)0cos(θ)sin(θ)0001][αβ0]

ここで、

  • α と β は、静止基準座標系における二相システムの alpha 軸成分と beta 軸成分です。

  • 0 は、ゼロ成分です。

  • d と q は、回転基準座標系における 2 軸システムの直軸成分と横軸成分です。

a 相を d 軸に揃える場合、ブロックは次の方程式を使用して変換を実装します。

[dq0]=[cos(θ)sin(θ)0sin(θ)cos(θ)0001][αβ0]

端子

入力

すべて展開する

静止基準座標系における二相システムの alpha 軸成分 α、beta 軸成分 β、およびゼロ成分。

データ型: single | double

回転基準座標系の角度位置。このパラメーターの値は、abc 基準座標系の a 相から dq0 基準座標系の最初に揃っている軸への極距離に等しくなります。

データ型: single | double

出力

すべて展開する

回転基準座標系におけるシステムの直軸成分、横軸成分、およびゼロ成分。

データ型: single | double

パラメーター

すべて展開する

abc 基準座標系の a 相のベクトルを回転基準座標系の d 軸または q 軸に揃えます。

参照

[1] Krause, P., O. Wasynczuk, S. D. Sudhoff, and S. Pekarek. Analysis of Electric Machinery and Drive Systems. Piscatawy, NJ: Wiley-IEEE Press, 2013.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2017b で導入