Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデルが複雑になる原因

Simulink® モデルのいくつかの特性により、Simulink Design Verifier™ 解析で次のような問題が発生する場合があります。

  • 以下の原因によるモデル入力の複雑化:

    • 大量の入力 (入力数は個々のモデルによって異なる)

    • 入力のタイプ (浮動小数点値など)

    • モデル状態および解析のオブジェクティブへの入力の影響の与え方

  • モデル全体であり得るシミュレーション パスの数

  • 到達不可能なモデルの部分

  • モデル内の大きなカウンター

複雑度の縮小のトピックでは、このような複雑性の影響を緩和して Simulink Design Verifier で最高のパフォーマンスを達成する手法を説明します。

これらの手法の多くは、大規模モデル用のテスト生成を中心とするものです。とはいえ、その多くは設計エラーの検出や大規模モデルのプロパティの証明に、また反証されたプロパティがあれば反例の作成に利用できます。さらに、大規模モデルのプロパティの証明では、大規模モデルのプロパティを証明するための手法について説明しています。