Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB Truth Table ブロックを使用したプロパティ証明

この例では、一番上のブロックで参照されるシート ベルト リマインダーの設計モデルを検証する方法を示します。その下の Safety Properties ブロックには、SeatBeltIcon 出力をアクティブにすべきタイミングを示す MATLAB Truth Table で指定されたプロパティが含まれています。Simulink Design Verifier は正確性を証明または反例を同定するために、設計モデルおよび安全性プロパティを解析します。このモデルでは、キー入力が 0 で開始されて 1 のインクリメントで変更されるという明示的な仮定に基づいてプロパティは証明されます。

open_system('sldvexSBRVerificationTruthTableFixedExample');