Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

複素数入力をもつモデルでの整数オーバーフローの検出

この例では、複素数型の入力から構成される整数オーバーフロー エラーを検出する方法を説明します。

手順 1: モデルを開く

sldvexComplexInputs モデルには、センサー A、センサー B およびセンサー C の複素数入力および制御入力が含まれます。センサー A 入力とセンサー B 入力は、100 と等しい [出力の最大値] に制約されます。

open_system('sldvexComplexInputs');

手順 2: 設計エラー検出解析の実行

[アプリ] タブの [モデルの検証とテスト] グループで、[Design Verifier] を選択します。

設計エラーを検出するには、[設計エラーの検出] をクリックします。解析が完了すると、[結果の概要] ウィンドウで 1 つのオブジェクティブが有効であり 1 つのオブジェクティブが反証されていることが表示されます。

手順 3: 解析結果のレビュー

[結果の概要] ウィンドウで、[解析結果をモデル上で強調表示] をクリックします。出力が整数オーバーフロー エラーとなる Sum ブロックは、赤で強調表示されます。

解析レポートを表示するには、[結果の概要] ウィンドウで [HTML] または [PDF] をクリックします。[設計エラー検出オブジェクティブのステータス] の章には、有効であり反証されたオブジェクティブの説明がリストされています。

[設計エラー] の章には、整数オーバーフローとなるテスト ケース入力が含まれます。

参考