Main Content

SimulinkTest へのテスト ケースのエクスポート

モデル検証では、特定のオブジェクティブまたはカバレッジ基準を達成するために繰り返しテストを行わなければならないことがよくあります。繰り返しテストを実行する場合、テスト ケースの構築、テスト結果のアーカイブおよびレポート生成に Simulink® Test™ のテスト マネージャーの使用を検討してください。Simulink Design Verifier™ を使用してテスト ケースを生成し、Simulink Test マネージャーで自動的に作成された新しいテスト ケースにテスト入力をエクスポートできます。

生成された入力を Simulink Test の新しいテスト ケースにエクスポートするには、以下を行います。

  1. 既存の Simulink Design Verifier の検証結果ファイルを選択するか、モデルを解析して新しい結果を生成します。

    • 既存の検証結果ファイルを使用する場合、次のいずれかによって結果を読み込むことができます。

      • SimulinkTest のコマンド sltest.import.sldvData (Simulink Test) を使用する。

      • [Design Verifier] タブで [以前の結果の読み込み] を使用する。解析結果をもつ MAT ファイルまたは Excel® を選択する。

    • モデル解析を実行すると、解析の完了後、[Simulink Design Verifier の検証結果の概要] ウィンドウが表示されます。

  2. [検証結果の概要] ウィンドウで [テスト ケースを Simulink Test にエクスポート] をクリックします。[Design Verifier テスト ケースのエクスポート] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. [Design Verifier テスト ケースのエクスポート] ダイアログ ボックスでは、次のことが可能です。

    • [ハーネス ソース]InportSignal Editor、または Signal Builder を選択。

    • [テスト データ形式] を [MAT] または [Excel] に設定。

    • [OK] をクリックしてテスト ファイルとテスト ハーネスを生成。

  4. Simulink Test はテスト ファイルとテスト ハーネスを生成します。テスト マネージャーの [テスト ブラウザー] で新しいテスト ファイルを展開し、個々のテスト ケースを表示します。

テスト ケースの生成と SimulinkTest へのエクスポート

この例では、コントローラー サブシステムのカバレッジ オブジェクティブを達成するためのテスト ケースを生成する方法を示します。例では、モデルのテスト ハーネスから機能テスト用のテスト ケースを追加する方法も示します。この例には Simulink Test のライセンスが必要です。

モデルは閉ループのヒート ポンプ システムです。コントローラーは測定された室温と設定された温度入力を受け入れます。コントローラーは、ファン、ヒート ポンプ、およびヒート ポンプの方向を制御する 3 つの信号のバスを出力します。モデルには暖房と冷房のシナリオをテストするハーネスが含まれます。

  1. モデルを開きます。

    open_system(fullfile(docroot,'toolbox','sltest','examples',...
    'sltestTestCaseFromDVExample.slx'));
  2. 現在の作業フォルダーを書き込み可能なフォルダーに設定します。

  3. モデルで Controller サブシステムのテストを生成します。Controller ブロックを右クリックして、[Design Verifier][サブシステムに対するテストを生成] を選択します。

  4. [Simulink Design Verifier の検証結果の概要] ウィンドウで [テスト ケースを Simulink Test にエクスポート] をクリックします。

  5. [Design Verifier テスト ケースのエクスポート] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。

    テスト マネージャーはテスト ファイルに 6 つの新しいテスト ケースを表示します。

  6. モデルで、パースペクティブ ビュー バッジをクリックして新しいテスト ハーネスを確認します。

  7. テスト ケースをモデルの他のテスト ハーネスに追加します。テスト マネージャーで、新しいテスト ファイル名をポイントして、[テスト ファイルの同期] ボタン をクリックします。

  8. Requirement2 テスト ハーネスのテストを追加するよう求めるメッセージが表示されます。テスト タイプに [シミュレーション] を選択し、[テスト ファイルの更新] をクリックします。

    Requirement2 テスト ケースがテスト ファイルに追加されます。

参考

(Simulink Test)