Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

カバレッジ結果から関連するテスト ケースへのトレース

Simulink® Test™ のテスト ケースについてカバレッジの結果の集計を記録した場合、カバレッジ レポートの集計において、各モデル要素に関連するテスト ケースにリンクが張られます。

関連付けられたテスト ケースからカバレッジ結果へのトレースの必要条件

カバレッジ レポートで関連付けられたテスト ケースを表示するためには、Simulink Test マネージャーを通して少なくとも 2 つのテスト ケースについてカバレッジの結果の集計を記録しなければなりません。あるいは、結果エクスプローラーから累積カバレッジの結果のカバレッジ レポートを生成します。詳細については、機能テストの実行とテスト カバレッジの解析を参照してください。

メモ

MCDC カバレッジでは、テスト ケースのトレーサビリティとユニット テストの集計はマスキング モードでのみサポートされます。これらの機能について、ユニークコーズ MCDC はサポートされません。

ユニットレベルのカバレッジ データの最上位モデル カバレッジへの集計

この例では、統合テストとユニット テストの両方の結果を含むカバレッジ レポートの集計を生成する方法を説明します。

Simulink® Test™ マネージャーへのテスト ケースの読み込み

slcovTestTraceabilityExample.mldatx テスト データは、判定カバレッジを記録するよう構成されています。

sltest.testmanager.load('slcovTestTraceabilityExample.mldatx');
sltest.testmanager.view

テスト ケースの実行

Simulink Test マネージャーから、Combined Integration and Unit Tests テスト スイートを選択し、[実行] をクリックします。このテスト スイートには、Integration TestsUnit Tests という 2 つのサブスイートが含まれます。あるいは、次のコマンドを実行します。

results = sltest.testmanager.run;

統合テストのカバレッジ レポートへのアクセス

Simulink Test マネージャーの [結果とアーティファクト] ペインから、Integration Tests の結果を選択します。[カバレッジの結果の集計] セクションで [レポート] ボタンをクリックします。

このテスト スイートのカバレッジ レポートには、統合テストのカバレッジ結果のみが表示されます。

サブシステムの詳細の表示

サブシステム SwitchUnit2 のカバレッジの詳細を表示します。このサブシステムはフル カバレッジの対象になっていないことに注目してください。最初の 3 つの判定結果は、統合テスト実行 T1 でカバーされます。MPSwitch ブロックに対する 4 つ目の判定結果は、統合システムでは達成できません。

ユニット テストのカバレッジ レポートへのアクセス

Simulink Test マネージャーの [結果とアーティファクト] ペインから、Unit Tests の結果を選択します。[カバレッジの結果の集計] セクションで [レポート] ボタンをクリックします。

このテスト スイートのカバレッジ レポートには、サブシステム テスト ハーネスを使用して記録された SwitchUnit2 サブシステムのユニット テストのカバレッジ結果のみが表示されます。

サブシステムの詳細の表示

サブシステム SwitchUnit2 のカバレッジの詳細を表示します。このサブシステムは、ユニット テストのフル カバレッジの対象となっていることに注目してください。

結合されたユニットレベルおよびシステムレベルのカバレッジ レポートの場所

Simulink Test マネージャーの [結果とアーティファクト] ペインから、Combined Integration and Unit Tests の結果を選択します。結果には、2 つのカバレッジ レポートが表示されます。1 つはユニット テストでテストされた SwitchUnit2 サブシステムのレポートで、もう 1 つはユニット テストと統合テストの両方結果を含む最上位モデルのレポートです。

最上位モデルのカバレッジ レポートの集計へのアクセス

最上位モデルの [レポート] ボタンをクリックすると、Simulink Coverage が統合テストとユニット テストを 1 つのシステムレベル カバレッジ レポートに集計します。

サブシステムの詳細の表示

サブシステムがフル カバレッジの対象となっていることに注目してください。MPSwitch MultiPortSwitch ブロックの最初の 3 つの判定結果は、統合テスト実行 T1 でカバーされます。MPSwitch MultiPortSwitch ブロックに対する 4 つ目の判定結果は、ユニット テスト実行 U1.2 でカバーされます。

関連するトピック