Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

層の深度

メトリクス ID

slcomp.LayerDepth

説明

このメトリクスを使用して、モデル コンポーネントがユニットまたはコンポーネントのモデルの階層構造内の何層の深さにあるのかをカウントします。"層" とは、モデルの階層構造内の親または子モデル コンポーネントです。

このメトリクスは次のモデル コンポーネントを解析します。

  • Simulink® サブシステム

  • Stateflow® ステート

  • MATLAB Function ブロック

  • 外部 MATLAB® 関数およびクラス

  • MATLAB メソッド

計算の詳細

メトリクス:

  • データ ディクショナリに対する関係はカウントされません。

  • 他のユニットに対する関係はカウントされません。たとえば、ユニットである別のモデルに対して必須の関係をもつコンポーネントがある場合、その関係はメトリクス カウントには含まれません。このメトリクスは、他のモデルがユニットでない場合にのみ関係をカウントします。

収集

このメトリクスのデータを収集するには、以下のようにします。

  • モデル保守性ダッシュボードの [コンポーネントの構造] セクションで [深さ] ウィジェットにカーソルを合わせ、[ウィジェットのメトリクスを実行] アイコンをクリックします。[深さ] ウィジェットでは、現在のユニットまたはコンポーネントで見つかった最大深さが示されます。[深さ] ウィジェットをクリックすると、各モデル コンポーネントの深さを示す表を表示できます。

  • メトリクス識別子 slcomp.LayerDepth を指定して getMetrics を使用します。

結果

このメトリクスでは、metric.Result のインスタンスは、ユニットまたはコンポーネントのモデルの階層構造内にあるモデル コンポーネントの深さを表す整数値として Value を返します。

サブシステム s1 を含むユニット u1 があり、サブシステム s1 にサブシステム s2 が含まれているとします。u1 の層の深度は 1 で、s1 の層の深度は 2 で、s2 の層の深度は 3 です。

参考

関連するトピック