Main Content

ModelAdvisor.List

リスト クラスの作成

説明

ModelAdvisor.List クラスのインスタンスを使用して、リスト形式の出力を作成します。

作成

構文

list = ModelAdvisor.List

説明

list = ModelAdvisor.List は、リスト オブジェクト list を作成します。

オブジェクト関数

addItem項目をリストに追加
setTypeSpecify list type

番号付きリストと箇条書きリストの作成

番号付きまたは箇条書きの 2 種類のリストを作成できます。既定のリスト形式は、箇条書きです。ModelAdvisor.List クラスを使用して、リストを作成して、書式設定します。番号付きまたは箇条書きのいずれかで書式設定され、インデントされたサブセクションをもつリストを作成できます。

subList = ModelAdvisor.List();
subList.setType('numbered')
subList.addItem(ModelAdvisor.Text('Sub entry 1', {'pass','bold'}));
subList.addItem(ModelAdvisor.Text('Sub entry 2', {'pass','bold'}));

topList = ModelAdvisor.List();
topList.addItem([ModelAdvisor.Text('Entry level 1',{'keyword','bold'}), subList]);
topList.addItem([ModelAdvisor.Text('Entry level 2',{'keyword','bold'}), subList]); 

バージョン履歴

R2006b で導入