Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

可変長引数リストのコード生成

コード生成で varargin および varargout を使用する場合は、次の制限があります。

  • MATLAB Function ブロックの最上位関数の関数定義、または MATLAB® をアクション言語として使用する Stateflow® チャートで、varargin または varargout を使用することはできません。

  • varargin には書き込みできません。入力引数への書き込みを実行する場合は、対象の値をローカル変数にコピーします。

  • varargin および varargout にインデックス付けするには、小かっこ () ではなく中かっこ {} を使用します。

  • コード ジェネレーターは、varargin または varargout のインデックスの値を特定できなければなりません。

関連するトピック