Main Content

MATLAB Function ブロックでの線形代数の LAPACK 呼び出し

特定の線形代数関数を呼び出す MATLAB Function ブロック アルゴリズムのシミュレーション速度を向上するために、Simulink®LAPACK 関数を呼び出すことができます。LAPACK は数値線形代数のソフトウェア ライブラリです。線形代数関数の入力配列が特定の条件を満たすと、シミュレーションは MATLAB® に含まれる LAPACK ライブラリで LAPACK 関数を呼び出します。MATLAB は eigsvd などの一部の線形代数関数で LAPACK を使用します。

Simulink Coder™ を使用してこれらのアルゴリズムのコードを生成する場合、コード ジェネレーターで LAPACK 関数呼び出しを生成するように指定できます。コード ジェネレーターは LAPACK への LAPACKE C インターフェイスを使用します。LAPACK 呼び出しを生成するように指定すると、線形代数関数の入力配列が条件を満たす場合、コード ジェネレーターは LAPACK 呼び出しを生成します。ビルド プロセスは指定した LAPACK ライブラリにリンクします。MATLAB Function ブロックからの生成コード内の線形代数の高速化 (Simulink Coder)を参照してください。

関連するトピック

外部の Web サイト