最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

実行時チェックの制御

実行時チェックのタイプ

シミュレーションでは、生成された MATLAB Function ブロックのコードに次の実行時チェックが含まれます。

  • メモリの整合性チェック

    これらのチェックは、MATLAB Function ブロックに対して生成されたコード内にメモリの整合性違反があればそれを検出し、実行を停止して診断メッセージを出します。

    注意

    安全のために、これらのチェックは既定の設定で有効になっています。メモリの整合性チェックが行われないと、違反が予期できない動作の原因になります。

  • MATLAB Function ブロックに対して生成されたコードでの応答性チェック

    これらのチェックによって、コードの Ctrl+C による中断を定期的にチェックできます。応答性チェックを有効にすると、グラフィックスの表示更新も有効になります。

    注意

    安全のために、これらのチェックは既定の設定で有効になっています。これらのチェックがなければ、長時間かかる実行を終了するには MATLAB 自体を終了させるしかなくなります。

実行時チェックを無効にする場合

一般に、実行時チェックを有効にしてコードを生成すると、チェックを無効にした場合に比べてコードの行数が増え、シミュレーションの速度が落ちます。実行時チェックを無効にすると、通常は効率の良いコードが生成されシミュレーションの速度が上がりますが、以下のことに注意しなければなりません。

無効にするチェック:無効にする場合:
メモリの整合性チェックコードが安全であることが確実で、配列の範囲や次元のチェックが必要ない場合。
応答性チェックそのアプリケーションを Ctrl+C キーで停止する必要がないことが確かな場合。

実行時チェックを無効にする方法

MATLAB Function ブロックは既定の設定で実行時チェックを有効にしますが、このチェックを、Simulink® モデル内のすべての MATLAB Function ブロックに対して明示的に無効にすることができます。次の手順に従います。

  1. MATLAB Function ブロックを開きます。

  2. MATLAB Function ブロック エディターで、[シミュレーション ターゲット] を選択します。

  3. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで、[メモリの整合性を確保] チェック ボックスまたは [応答性を確保] チェック ボックスをオフにして、[適用] をクリックします。

関連する例

詳細