Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コンパイル命令 %#codegen

関数シグネチャの後に、%#codegen 命令 (またはプラグマ) を関数に追加することで、MATLAB® アルゴリズムのコードを生成する意図があることを示します。この命令を追加することで、MATLAB コード アナライザーによりコード生成時にエラーになるような違反を診断および修正をしやすくします。

function y = my_fcn(x) %#codegen

....

メモ

%#codegen 命令は MATLAB Function ブロックでは必要ありません。MATLAB Function ブロック内のコードは常にコード生成を目的としています。%#codegen 命令の有無にかかわらず、エラー チェックの動作は変更されません。