Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

別のプロジェクトからのプロジェクトの参照

この例では、参照プロジェクトをプロジェクト内で独立したコンポーネントとして使用する方法を示します。

例のファイルを設定しプロジェクトを開く

プロジェクトの例のファイルの作業コピーを作成して開きます。MATLAB® により、ファイルがサンプル フォルダーにコピーされ、編集できるようになります。サンプル プロジェクトは Subversion (SVN) バージョン管理下に置かれます。

sldemo_slproject_airframe_references;

参照プロジェクトの仕組み

親プロジェクトが読み込まれると、まず参照プロジェクトが読み込まれて、参照プロジェクトから MATLAB 検索パスへのプロジェクト パスの追加と、参照プロジェクトからの起動ショートカット実行が行われます。

  • [プロジェクトのショートカット] タブを使用すると、参照プロジェクト内のショートカットを親プロジェクトから実行できます。

  • [表示] ペインの [参照] ノードをクリックすると、参照プロジェクトを確認して開くことができます。

参照プロジェクトの例

このプロジェクトは、他のプロジェクトを参照することでそれらの機能を取り込む機体シミュレーションを提供します。

  • Signal Multiplier: この参照プロジェクトは、S-Function を独立したプロジェクトとして開発する方法を示します。参照プロジェクトはソース コード、ビルド サポートおよびパス管理を提供します。ビルド ディレクトリはプロジェクト パス上にあります。つまり、親プロジェクトのパス上にもあります。[プロジェクトのショートカット] タブでは、"S-Function のリビルド" ショートカットを親プロジェクトから実行することができます。

  • Wind Gust library:この参照プロジェクトはライブラリおよびライブラリに必要なバス オブジェクトを含むデータ ディクショナリを提供します。このプロジェクト パスによって、ライブラリが親プロジェクトで使用されるように必ず設定されます。

詳細情報

大規模なプロジェクトのコンポーネント化