ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

モデル編集の基礎

ブロックと信号線によるブロック線図モデルの作成

モデルの作成および Simulink® 編集環境で生産性を上げるために必要な基礎について学習します。

Simulink エディターでのモデルの構築と編集では、ソフトウェアを開始してブロック線図を作成するところから、シミュレーションと結果の表示まで、モデル化プロセスのすべてについて説明します。モデルを短時間で作成するためのヒントやショートカットについて学習します。

モデルの要素では、Simulink についてさらに学習して使いこなすための基礎となる概念や用語を紹介します。

関数

すべて展開する

simulinkSimulink スタート ページを開く
start_simulinkウィンドウを開かずに Simulink を起動する
slLibraryBrowserSimulink ライブラリ ブラウザーを開く
new_systemSimulink モデルまたはライブラリをメモリ内に作成
open_systemSimulink のモデル、ライブラリ、サブシステム、ブロックのダイアログ ボックスを開く
load_systemSimulink モデルをメモリに読み込む
Simulink.createFromTemplateテンプレートからのモデルまたはプロジェクトの作成
Simulink.findTemplates指定されたプロパティをもつモデルまたはプロジェクト テンプレートの検索
Simulink.defaultModelTemplate既定のモデル テンプレートを設定または取得する
add_blockブロックをモデルに追加
add_lineラインを Simulink モデルに追加する
replace_blockSimulink モデル内のブロックの置換
delete_blockSimulink システムからのブロックの削除
delete_lineSimulink モデルからラインを削除
bdroot現在のシステムの最上位モデル
find_systemシステム、ブロック、ライン、端子、注釈の検索
gcs現在のシステムのパス名を取得
getfullnameブロックまたはラインの絶対パス名を取得
gcb現在のブロックのパス名を取得
gcbh現在の Simulink ブロックのハンドルを取得
getSimulinkBlockHandleブロック パスからのブロック ハンドルの取得
set_paramシステムとブロックのパラメーター値の設定
get_paramパラメーターの名前と値の取得
add_paramSimulink システムにパラメーターを追加
delete_paramadd_param コマンドにより追加されたシステム パラメーターを削除
Simulink.allBlockDiagrams読み込まれた Simulink モデルとライブラリを検索
Simulink.findBlocksSimulink モデルでブロックを検索
Simulink.findBlocksOfTypeSimulink モデル内の指定されたタイプのブロックを検索
Simulink.BlockDiagram.createSubsystem指定されたブロックのセットを含むサブシステムの作成
Simulink.BlockDiagram.deleteContentsブロック線図の内容を削除する
Simulink.BlockDiagram.expandSubsystemサブシステムの内容の上位モデルへの展開
Simulink.SubSystem.copyContentsToBlockDiagramサブシステムの内容を空のブロック線図にコピーする
Simulink.SubSystem.deleteContentsサブシステムの内容を削除
save_systemSimulink モデルを保存する
close_systemSimulink システム ウィンドウまたはブロック ダイアログ ボックスを閉じる
Simulink.exportToTemplateモデルまたはプロジェクトからテンプレートを作成
Simulink.exportToVersionSimulink の前のバージョンで使用するためのモデルまたはライブラリのエクスポート
bdclose任意の、あるいはすべての Simulink システム ウィンドウを無条件に閉じる
bdIsLoadedブロック線図がメモリ内に存在するかどうかの確認
bdIsLibraryブロック線図がライブラリかどうかの確認
bdIsDirtyブロック線図に未保存の変更があるかどうか
slCharacterEncodingMATLAB 文字セット エンコードの変更
slIsFileChangedOnDiskモデルが読み込み後に変更されたかどうかを判定
printFigure の印刷または特定のファイル形式での保存
orient印刷または保存時の用紙方向
frameeditSimulink と Stateflow ブロック線図用の印刷フレームの編集

トピック

モデルのビルドと編集

Simulink を起動する

Simulink モデルを作成するために、Simulink スタート ページ、Simulink エディターおよびライブラリ ブラウザーを使用します。

モデルを作成して開く

Simulink スタート ページを使用したモデル テンプレートの選択、最近使用したモデルを開いたり、例の検索を行います。

モデル編集環境

Simulink エディターとライブラリ ブラウザーを使用したモデルの作成およびモデル プロパティの設定について説明します。

モデルの要素

ブロック、信号、パラメーター、プロパティなどのモデルの基本要素について説明します。

Simulink でのモデル化用のキーボード操作とマウス操作

キーボード コマンドとマウス操作を使用して Simulink エディターの対話操作を行います。

Simulink エディターでのモデルの構築と編集

Simulink エディターを使用したモデルの組み立ておよび編集のヒントの学習。

視覚的表現の調整によるモデルの可読性の向上

ブロックの反転と回転、フォントの変更、色の使用、領域のボックス化とラベル付け、ブロック名の表示と非表示の切り替え。

Simulink モデル内のモデル要素の検索

さまざまなアプローチを使用して、モデルの複雑度や目的に基づいてモデル要素を検索します。

ブロック線図の更新とシミュレーションの実行

ブロック線図の更新は、モデルに加えた最新の変更結果をシミュレーションに提供します。

モデル ファイル

モデルの保存

モデルの保存、有効なモデル名、ファイル形式、文字エンコードの指定。別のバージョンの Simulink へのエクスポートについて説明します。

モデルからテンプレートを作成する

カスタマイズした設定 (コンフィギュレーション設定、ブロック、および視覚的表現など) を新しいモデルで再利用するためのテンプレートを作成します。

モデル バージョンの管理とモデル プロパティの指定

モデルのバージョン情報、履歴、コールバック関数、モデルの説明を表示、編集します。

Simulink API

プログラムによるモデル化の基礎

モデルの作成、モデルへのブロックの追加と接続、パラメーターとプロパティの設定、および他のモデル化の基礎をプログラムで実行することについて説明します。