Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simscape のブロック線図と Simulink のソースおよびスコープとの接続

Simscape™ のブロック線図では、通常の Simulink® 信号ではなく、物理量信号が使用されます。そのため、Simscape のブロック線図を Simulink のソースおよびスコープに接続するにはコンバーター ブロックが必要となります。

Simulink-PS Converter ブロックを使用して、Simulink ソースや他の Simulink ブロックを Simscape 物理ネットワークの入力に接続します。これを使用すると、入力信号の単位も指定できます。詳細については、Simulink-PS Converter ブロックのリファレンス ページを参照してください。

PS-Simulink Converter ブロックを使用して、Simscape 物理ネットワークの出力を Simulink スコープや他の Simulink ブロックに接続します。これを使用すると、出力信号の単位も指定できます。詳細については、PS-Simulink Converter ブロックのリファレンス ページを参照してください。

コンバーター ブロックを使用して Simscape ブロック線図を Simulink ソースおよびスコープに接続する詳細な例については、単純なモデルの作成とシミュレーションを参照してください。

また、センサーやスコープの代わりにデータ ログを使用しても、シミュレーション結果の表示と解析ができます。詳細な例については、シミュレーション データのログ作成、ナビゲートおよびプロットを参照してください。

シミュレーション中に変数にアクセスするもう 1 つの方法は、Probe ブロックを使用することです。このブロックをモデルに追加すると、モデル内の別のブロックから変数を選択し、Simulink 信号として出力できます。

参考

| |

関連する例

詳細