Main Content

target.AddOn クラス

パッケージ: target

ターゲット タイプのアドオン プロパティを記述

説明

target.AddOn クラスを使用して、以下のタイプのオブジェクトと関連付けることができるカスタム プロパティを取得します。

  • target.CommunicationChannel

  • target.CommunicationProtocolStack

  • target.Board

  • target.Processor

  • target.ConnectionProperties

オブジェクトを拡張するには、target.AddOn オブジェクトを AddOns プロパティに割り当てます。

target.AddOn オブジェクトの作成には関数 target.create を使用します。

プロパティ

すべて展開する

再利用可能なアドオン オブジェクトの名前。

例: arduinoAddOn.Name = 'ArduinoBoardProperties';

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

メソッド

すべて展開する

すべて折りたたむ

デバイス固有のプロパティを target.Board 定義に追加します。Arduino® のパーツ番号とプログラマに関する情報を Arduino ボード定義に追加します。

Arduino Mega 2560 用のボードを作成します。

mega = target.create('Board', ...
                     'Manufacturer', 'Arduino', ...
                     'Name', 'Mega 2560');

Arduino ボードのパーツ番号とプログラマを指定する target.AddOn オブジェクトを作成します。

arduinoAddOn = target.create('AddOn');
arduinoAddOn.Name = 'ArduinoBoardProperties';
arduinoAddOn.addProperty('ArduinoPartNumber', 'String');
arduinoAddOn.addProperty('ArduinoProgrammer', 'String');
mega.AddOns = arduinoAddOn; 

パーツ番号とプログラマの値を指定します。

mega.set('ArduinoPartNumber', 'm2560');
mega.set('ArduinoProgrammer', 'wiring');

Arduino アプリケーションのデプロイ用に avrdude コマンドをパラメーター化できます。

command= target.create('Command');
command.String = 'avrdude';
command.Arguments = {'-p$(BOARD.Processor.ArduinoPartNumber)' ...
                     '-c$(PROCESSOR.ArduinoProgrammer)' ...
                     '-Uflash:w:$(EXE):i'};
mega.Tools.DeployTools(1).Commands = [command];

バージョン履歴

R2020b で導入