Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

slConfigUIGetVal

任意のモデル コンフィギュレーション パラメーターについての現在の値を返す

説明

value = slConfigUIGetVal(hDlg,hSrc,'OptionName') は、任意のモデル コンフィギュレーション パラメーターについてダイアログで現在設定されている値を返します。

関数 slConfigUIGetVal は、ユーザー記述の関数 SelectCallback のコンテキストで使用され、次の場合にトリガーされます。

  • システム ターゲット ファイルを変更します。

  • モデルを作成します。

すべて折りたたむ

関数 slConfigUIGetVal[コンフィギュレーション パラメーター][コード生成][インターフェイス][詳細設定パラメーター][終了関数が必要] オプションの値を返します。

function usertarget_selectcallback(hDlg,hSrc)

  disp(['*** Select callback triggered:',sprintf('\n'), ...
        '  Uncheck and disable "Terminate function required".']);

  disp(['Value of IncludeMdlTerminateFcn was ', ...
        slConfigUIGetVal(hDlg,hSrc,'IncludeMdlTerminateFcn')]);

  slConfigUISetVal(hDlg,hSrc,'IncludeMdlTerminateFcn','off');
  slConfigUISetEnabled(hDlg,hSrc,'IncludeMdlTerminateFcn',false);
  hSrc.refreshDialog;

入力引数

すべて折りたたむ

関数 SelectCallback のコンテキストで作成され、システム ターゲット ファイルのコールバック インターフェイス関数で使用されるハンドル。この変数を渡します。ただし、これを設定したり、他の目的には使用しないでください。

例: hDlg

関数 SelectCallback のコンテキストで作成され、システム ターゲット ファイルのコールバック インターフェイス関数で使用されるハンドル。この変数を渡し、それを使用して [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを更新します。この変数を設定したり、他の目的には使用しないでください。

例: hSrc

カスタム ターゲットのコンフィギュレーション オプションに対して定義された TLC 変数の引用名です。

例: 'myTLCvariable'

出力引数

すべて折りたたむ

指定したオプションの現在の値。戻り値のデータ型はオプションのデータ型によって異なります。

R2006b で導入