Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カスタマイズを行わないレポート生成

次を使用すると、レポートをカスタマイズせずに Simulink® Report Generator™ を使用できます。

  • 事前定義された標準レポート

  • レポート API オブジェクト

  • Web ビュー

事前定義された標準レポート

Simulink Report Generator には、Simulink 用に次の 2 つの事前定義された標準レポートが用意されています。

  • システム設計の説明レポート

  • システム要件 (Simulink Requirements™ が必要)

システム設計の説明レポートは、モデルが表すシステム設計の概要または詳細情報を提供します。レポート ダイアログ ボックスを使用してレポート オプションを選択するか、レポート エクスプローラーを使用してカスタマイズされたバージョンを作成することができます。システム設計の説明レポートの設定ファイルは、独自のレポートの設定ファイルを作成する開始点として使用できます。詳細については、システム設計の説明レポートの生成を参照してください。

システム要件レポートには、モデルとそのオブジェクトに関連するすべての要件についての情報が含まれています。システム要件レポートを使用するには、Simulink Requirements がインストールされていなければなりません。

Simulink ツールストリップからシステム要件レポートを生成するには、次を行います。

  1. [要件] タブが使用できない場合、[アプリ] タブの [モデルの検証とテスト] セクションで [要件マネージャー] をクリックします。

  2. [要件] タブの [共有] セクションで、[共有][モデルのトレーサビリティ レポートの生成] をクリックします。

レポート API

レポート API は、DOM API をベースにした、タイトル ページ、目次、章、Figure オブジェクトなどのドキュメント オブジェクトの集合です。DOM オブジェクトを基にしたコードの数十行分の処理を実行します。このため、レポート API によって、レポートを生成するために必要なコードの量が大幅に削減されます。DOM API と同様に、string、数値および文字配列、cell 配列などの組み込みの MATLAB オブジェクトの形式で、レポートにコンテンツを追加できます。レポート API は、これらを DOM オブジェクトに変換してからレポートに追加します。また、テキスト、段落、その他の DOM オブジェクトを使用して、レポートに追加するコンテンツを直接書式設定することもできます。

Web ビュー

Web ビューは、Web ブラウザーで探索可能なモデルのビューです。Web ビューは、モデルのプレゼンテーションを行ったり、MathWorks® 製品をインストールしていない同僚とモデルを共有する場合に便利です。Web ビューを使用すると、サブシステムをナビゲートしてブロックと信号のプロパティを確認できます。詳細については、Web ビュー ファイルへのモデルのエクスポートを参照してください。