Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink バス オブジェクトのレポートの作成

この例では、Simulink® で使用されるすべてのバス オブジェクトを記述するレポートの作成方法を説明します。このレポートは、バス オブジェクトごとに章を作成します。各章には、バス オブジェクトの階層、バス オブジェクトのプロパティ テーブル、バス要素のプロパティ テーブル、およびそのバスを使用するブロックのリストの節が含まれます。

パッケージのインポート

長い完全修飾クラス名を使用せずに済むよう、レポート API パッケージをインポートします。

import mlreportgen.report.*
import slreportgen.finder.*
import slreportgen.report.*

モデルを開く

バス オブジェクトがあるモデルを開きます。

model = "sldemo_bus_arrays";
open_system(model);

レポートの作成

レポート オブジェクトを作成して開きます。Microsoft® Word、HTML、または単一ファイルの HTML のレポートを作成するには、"pdf" を "docx"、"html"、または "html-file" にそれぞれ変更します。

rpt = slreportgen.report.Report(model + "_bus_object_report","pdf");
open(rpt);

タイトル ページと目次を追加します。

titlepage = TitlePage("Title", model + ": Bus Object Report","Author","John Doe");
add(rpt,titlepage);
toc = TableOfContents();
add(rpt, toc);

バス オブジェクトの検索とレポート

モデル内で使用されるすべての変数を検索します。

finder = ModelVariableFinder(model);

変数ファインダーの結果をループ処理してバス オブジェクトを検出し、それらについてレポートします。どの変数がバス オブジェクトであるかを識別するには、getVariableValue メソッドを使用します。slreportgen.report.BusObject レポーターを使用して、バス オブジェクトについてレポートします。

while hasNext(finder)
    result = next(finder);
    if isa(getVariableValue(result),"Simulink.Bus")
        % Create a Bus object reporter
        busReporter = BusObject(result);
        % Create a Chapter
        chapter = Chapter(busReporter.Name);
        % Add bus to chapter
        add(chapter,busReporter)
        % Add chapter to the report
        add(rpt,chapter);
    end
end

レポートを閉じる

レポートを閉じて表示します。

close(rpt);
rptview(rpt);       
 

サンプル レポートの表示

より包括的なバス オブジェクトのレポートを確認するには、この例で使用可能な asbhl20_bus_object_report.pdf を表示してください。asbhl20 モデルを開くには、Aerospace Blockset™ が必要です。

rptview asbhl20_bus_object_report.pdf

参考

| | | |

関連するトピック