Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ループ コンテキスト関数によるフィルター処理

ループ コンテキスト関数を使用して、レポート対象のモデル要素をフィルター処理し、特定の要素に対し特殊なレポート処理を実行します。

以下の例では、ブロック ループ コンポーネントにおいて論理 If コンポーネントの RptgenSL.getReportedBlock を使用して、ブロック ループ コンポーネント内のターゲット ブロックについてレポートします。

ループ コンテキスト関数の概要については、ループ コンテキスト関数を参照してください。

設定ファイルの作成と保存

  1. f14 モデルを開きます。

  2. MATLAB® コマンド プロンプトで次のように入力します。

    report
  3. レポート エクスプローラーで、[ファイル][新規] を選択します。

  4. [プロパティ] ペインで、[ディレクトリ][現在の作業ディレクトリ] に設定します。

  5. 設定ファイルを inport_outport.rpt として保存します。

コンポーネントの追加

以下のコンポーネントをレポートに順番に追加します。

追加元のライブラリ フォルダー追加するコンポーネント設定するプロパティ

Simulink

モデル ループ

該当なし

形式

Inport Blocks[タイトル]

Simulink

ブロック ループ

該当なし

論理制御とフロー制御

論理 If

[テスト式] を以下に設定

strcmp(get_param...
(RptgenSL.getReportedBlock,'BlockType'),...
'Inport')

Simulink

Simulink プロパティ テーブル

該当なし

レポート設定ファイルは次のようになります。

レポートの実行

  1. inport_outport.rpt を選択します。

  2. コンテキスト メニューから [レポート] を選択します。

レポートには、Inport ブロックのプロパティのみを示す章が含まれます。

必要に応じて、以下に示すような Outport ブロックのみについてレポートする 2 番目の章を作成します。