Main Content

概要テーブル コンポーネント

概要テーブル コンポーネントについて

概要テーブル コンポーネントは、オブジェクトの特定のプロパティを含むテーブルを、生成されるレポートに挿入します。次の figloop-tutorial レポートの概要テーブルに示すように、概要テーブルには行ごとに 1 つのオブジェクトが含まれ、列にはそれぞれのオブジェクト プロパティが表示されます。

次のように、さまざまな概要テーブル コンポーネントを利用できます。

  • Handle Graphics® 概要テーブル

  • Simulink® 概要テーブル (Simulink Report Generator™ が必要)

  • Stateflow® 概要テーブル (Simulink Report Generator が必要)

この例で使用するコンポーネントは、MATLAB® Report Generator 概要テーブル コンポーネントです。このコンポーネントはすべて似たような動作を示します。

サンプル レポート テンプレートを開く

この例では、figloop-tutorial レポート テンプレートを使用します。Figure ループ チュートリアルのレポート テンプレートを開くには、MATLAB コマンド ラインで以下を入力します。

setedit figloop-tutorial

オブジェクト タイプの選択

[オブジェクト タイプ] 選択リストを使用して、概要テーブルの Handle Graphics オブジェクト タイプ (ブロック、信号、システム、モデルなど) を選択できます。figloop-tutorial は、figure オブジェクトについてレポートします。

プロパティの追加と削除

概要テーブルに表示するオブジェクト プロパティは [プロパティ列] ペインから選択できます。概要テーブルにプロパティを追加するには、[プロパティ列] テーブルの右側にあるプロパティ カテゴリ ドロップダウン ボックスから、プロパティ カテゴリを選択します。各プロパティ カテゴリにはプロパティの固有のリストがあり、ボックスの下のフィールドに表示されます。次の図は、カテゴリとして [メイン プロパティ] 選択した場合を示しています。

プロパティを追加する方法は以下です。

  1. プロパティ カテゴリ ドロップダウン ボックスから、カテゴリを選択します。

  2. プロパティ リストからプロパティを選択します。

  3. [プロパティの追加] ボタンをクリックします。

    [プロパティ列] テーブルにプロパティが表示されます。

テーブルからプロパティを削除する方法は以下です。

  1. [プロパティ列] テーブルでプロパティを選択します。

  2. [プロパティの削除] ボタンをクリックします。

    [プロパティ列] テーブルからそのプロパティ名が削除されます。

メモ

レポート エクスプローラーでの変更後、[適用] をクリックして変更を反映します。

有効な変数表記を使用して [プロパティ列] テーブルに名前を入力することで、独自のプロパティを定義できます。

相対的な列幅の設定

生成されるレポートの概要テーブルの列に相対的な列幅を適用するには、[プロパティ列] テーブルのいずれかの行の [Width] 列をダブルクリックします。このフィールドの値を指定しない場合、列幅は自動的に設定されます。

オブジェクト行オプションの設定

[オブジェクト行] ペインを使用すると、アンカー、フィルター、並べ替えオプションなど、テーブル行のオプションを設定できます。[行ごとにアンカーを挿入] を選択し、レポートの各テーブル行にアンカーを配置します。[含める Figure] リストを使用して、概要テーブルに含めるオブジェクトを指定します。

figloop-tutorial の概要テーブル コンポーネントは、figure オブジェクトについてレポートします。これらの figure オブジェクトのオプションの詳細については、次の節を参照してください。