最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

PDF フォントの構成

諸言語における PDF フォントのサポート

PDF 出力については、MATLAB® Report Generator™ は、既定のフォントである serif、sans serif および絵文字によって構成されています。また、ロケールに基づいて、使用する言語に適したフォントを使用するようにも構成されています。ロケールに異なるフォントをマッピングできます。

PDF レポートを生成するとき、MATLAB Report Generator では次の言語でテキストをレンダリングできるフォントを使用します。

  • 英語

  • 日本語

  • 韓国語

  • ロシア語 (キリル文字)

Report Generator はフォント マップを使用して、特定のロケールに対する適切なフォントを判断します。フォント マップは、既定のフォント セットを指定します。マップの変更をすると以下が可能です。

  • 特定のロケールで使用するフォントの変更

  • 既定のロケール以外のロケールに対するサポートの追加

言語フォント マップは、特定のプラットフォーム (Windows® など)、および本文テキストなどの基本的なテキスト要素向けのロケールで使用するフォントを指定します。

フォントを指定するタイミングの特定

レポートに対して必須の英語以外のフォントが欠落している場合、生成されたテキストにはポンド記号文字 (#) が表示されます。例:

スタイル シートによる PDF フォント マッピングのオーバーライド

MATLAB Report Generator の PDF スタイル シートは、本文テキスト、Copyright、引用、シンボル、絵記号、固定幅、sans serif およびタイトルに対するフォントを指定します。

PDF スタイル シートの設定は、PDF フォント マッピングのエントリをオーバーライドします。

PDF スタイル シートを指定しない場合、PDF 言語フォント マッピングのエントリを使用して、英語のレポートに対する既定のフォントを変更できます。

英語以外の PDF フォント マッピングのタスク

英語以外の PDF フォント マッピングの仕様を追加または変更する方法は以下です。

lang_font_map.xml ファイル

XML エディターと lang_font_map.xml ファイルを使用して、レポートのすべての PDF フォント マッピングを入力します。

MATLAB Report Generator ソフトウェアをインストールすると、以下の場所に lang_font_map.xml ファイルが読み込まれます。

<matlabroot>/toolbox/shared/rptgen/resources/fontmap

lang_font_map.xml ファイルには次の 2 つのセクションが含まれます。

  • name_map — フォントの名前、言語、レポートにおけるフォントの使用法 (本文テキストなど) を指定する name_mapping 要素を含む。

  • file_mapname_map で指定されたフォントのフォント ファイルの場所に関するエントリを含む。

たとえば、次の lang_font_map.xml ファイルには、日本語 (ja)、韓国語 (ko) およびロシア語 (ru) に対する標準的な PDF フォント サポートを提供する name_mapfile_map エントリが含まれています。

 lang_font_map.xml の例

英語以外のフォントの場所

言語フォント マップを使用してレポートを生成するシステムには、適切な英語以外のフォントへのアクセスがなければなりません。

英語以外のフォント サポートには、以下のいずれかのフォント形式を使用します。

  • タイプ 1 (PostScript®)

  • TrueType

  • OpenType®

X Window System (X11) のビットマップ フォントなど、他の形式のフォントを使用すると、MATLAB Report Generator レポートの出力の品質が低くなります。

いくつかの TrueType フォントは、TrueType コレクションと呼ばれるパッケージにグループ化されています。言語フォント マップ ファイルでコレクションを指定するには、TrueType Collection 内で個別のフォントを指定します。

フォント名に加え、太さ (太字など) や傾斜 (イタリック、斜体など) によって、同じファミリでも相互に区別される場合があります。

フォント名の特定に使用する方法は、コンピューターのプラットフォームによって異なります。

 Windows のフォント名

 Mac OS X のフォント名

 Linux のフォント名

言語フォント マッピングの追加または変更

lang_font_map.xml ファイルの name_map セクションで、PDF レポートに含める言語、フォント、使用法のそれぞれの組み合わせについて、個別の name_mapping エントリを追加します。

name_mapping 要素には 3 つの属性があります。

  • lang: レポートの言語に対応する 2 文字の ISO 639-1 コードを指定する。

  • platform: オペレーティング システムのプラットフォームを指定する。

    • win — Windows

    • macMac OS X

    • glnx— Linux

  • usage: レポート要素またはフォントの種類を指定する。

    • body

    • title

    • monospaced

    • sans (sanserif)

XSL-FO スタイル シートで指定されているとおり、name_mapping 要素のテキストはフォント名です。

次に name_mapping エントリの例を示します。

<name_mapping_lang="ja" platform="win" usage="body">MS Gothic</name_mapping>

フォント ファイルの場所の指定

file_map セクションに、name_map セクションに含める各フォントのフォント ファイルの場所を特定する file_mapping エントリを追加します。

プラットフォーム (Windows、Mac、Linux) によって、フォントの既定の検索パスが異なります。lang_font_map.xml file にフォントの絶対ファイル パスが含まれていない場合、MATLAB Report Generator はプラットフォーム固有の方法を使用してフォントを検索します。

 Windows のフォント ファイルの場所

 Mac のフォント ファイルの場所

 Linux のフォント ファイルの場所