Main Content

mlreportgen.report.MATLABCode.createTemplate

mlreportgen.report.MATLABCode レポーター テンプレートのコピーの作成

構文

template = mlreportgen.report.MATLABCode.createTemplate(templatePath,type)

説明

template = mlreportgen.report.MATLABCode.createTemplate(templatePath,type) は、templatePath で指定された場所に、type で指定されたレポート タイプの mlreportgen.report.MATLABCode レポーター テンプレートのコピーを作成します。コピーしたテンプレートを開始点として使用して、レポート用のカスタム MATLABCode レポーター テンプレートを設計できます。

入力引数

すべて展開する

新しいテンプレートのパスとファイル名。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

テンプレートのタイプ。"html""html-file""docx"、または "pdf" として指定します。

出力引数

すべて展開する

テンプレートのコピーのパスとファイル名。string スカラーとして返されます。テンプレートのファイル名の拡張子は、指定されたテンプレートのタイプに基づきます。たとえば、type 引数が 'pdf' の場合、ファイル名拡張子は .pdftx です。

すべて展開する

mlreportgen.report.MATLABCode レポーター用の HTML テンプレートのコピーを作成し、それを myMATLABCodeTemplate という名前で mytemplates フォルダーに保存します。

template = mlreportgen.report.MATLABCode.createTemplate...
     ('mytemplates/myMATLABCodeTemplate','html');

テンプレートを変更した後は、MATLABCode レポーターの TemplateSrc プロパティをテンプレート ファイルのパスに設定することで、これを使用できます。

バージョン履歴

R2021a で導入