Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

mlreportgen.dom.Group クラス

パッケージ: mlreportgen.dom

ドキュメント オブジェクトのグループ

説明

グループをクローンすることなくドキュメント内で繰り返し追加できるドキュメント オブジェクトのグループ。ドキュメントにグループを追加すると、DOM インターフェイスによってそのグループがクローンされます。

ヒント

mlreportgen.dom.Group オブジェクトと mlreportgen.dom.Container オブジェクトを使用して、ドキュメント要素のコレクションを生成できます。

  • グループをクローンせずにドキュメント内の複数の場所に同じコンテンツを追加するには、グループ オブジェクトを使用します。グループ オブジェクトには、グループ内のすべてのドキュメント要素に対して同一のスタイルを適用するための Style プロパティがありません。

  • divsection、または article コンテナー要素を作成し、そのコンテナー内のすべてのドキュメント要素に対して同一の適用可能スタイルを使用するには、コンテナー オブジェクトを使用します。ドキュメントのさまざまな部分に同じコンテナー オブジェクト コンテンツを追加するには、mlreportgen.dom.Container.clone メソッドを使用します。

mlreportgen.dom.Group クラスは handle クラスです。

作成

説明

groupObj = Group() は、空のグループを作成します。

プロパティ

すべて展開する

このドキュメント要素の ID。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。ドキュメント要素を作成するときに、DOM によってセッション固有 ID が生成されます。独自の ID を指定できます。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public
NonCopyable
true

データ型: char | string

このドキュメント要素の子。DOM オブジェクトの配列として指定します。このプロパティは読み取り専用です。

このドキュメント要素の親。DOM オブジェクトとして指定します。このプロパティは読み取り専用です。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private
NonCopyable
true

このドキュメント要素のタグ。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

DOM は、このオブジェクトを作成するときに、セッション固有タグを生成します。生成されたタグの形式は CLASS:ID という形式です。ここで、CLASS はオブジェクト クラスです。ID はオブジェクトの Id プロパティの値です。独自のタグ値を指定すると、ドキュメントの生成中に問題が発生した箇所を容易に特定できるようになります。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public
NonCopyable
true

データ型: char | string

メソッド

すべて展開する

バージョン履歴

R2014b で導入