最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

レポートの表示

レポート API と DOM API の関数 rptview を使用すると、生成されたレポートを適切なビューアーで表示できます。

  • Microsoft® Word ソフトウェア (Word ドキュメント)

  • HTML ブラウザー (HTML レポート)

  • PDF ビューアー (PDF レポート)

HTML レポートが圧縮形式の場合、rptview を使用するとレポートのコピーが一時フォルダーに解凍され、既定のシステム ブラウザーにレポートのメインの HTML ドキュメントが表示されます。

コードを簡略化するには、ドキュメントの出力パスを rptview の引数として使用します。この例では、変数 doctype の値を変更するだけで出力タイプを変更できるレポート プログラムの作成方法を示します。

import mlreportgen.dom.*;
doctype = 'pdf';
d = Document('mydoc',doctype);

p = Paragraph('Hello World');
append(d,p);

close(d);
rptview(d.OutputPath);

あるいは、関数 rptview に 2 つの引数を指定することもできます。

  • レポートのパス — ファイル拡張子を指定する場合、2 番目の出力タイプの引数を指定する必要はありません。

  • 出力タイプ — 'html''pdf' または 'docx'

    Word ドキュメントを PDF に変換して PDF ビューアーで開くには、Word 形式のレポートで 'pdf' を使用します。

参考

関数

関連するトピック