Main Content

プレゼンテーション プログラムからのスタンドアロン アプリケーションの作成

MATLAB® Compiler™ 製品をお持ちの場合、自身の MATLAB API for PowerPoint® (PPT API) プログラムをスタンドアロン アプリケーションにパッケージ処理できます。その後、スタンドアロン アプリケーションを、MATLAB のライセンス コピーを持っていない他の人と共有できます。

スタンドアロンの PPT API プログラムを MATLAB のライセンス コピーがないシステムで実行できるようにするには、PPT API のコードの 1 行目の前に makePPTCompilable() をインクルードしなければなりません。例:

makePPTCompilable();

import mlreportgen.ppt.*

ppt = Presentation("myPresentation");
open(ppt);
slide = add(ppt,"Title Slide");
replace(slide,"Title","My Title");
close(ppt);

メモ

スタンドアロンの DOM API およびレポート API のプログラムを実行できるようにするには、makePPTCompilable() の代わりに makeDOMCompilable() を使用します。

PPT API プログラムからスタンドアロン アプリケーションを作成するには、関数 compiler.build.standaloneApplication (MATLAB Compiler) またはアプリケーション コンパイラ (MATLAB Compiler) アプリを使用します。MATLAB からのスタンドアロン アプリケーションの作成 (MATLAB Compiler)を参照してください。

参考

(MATLAB Compiler)

関連するトピック