Main Content

特徴の関数の生成

アプリで対話的に実行した計算のコマンド ライン版が必要な場合は、選択した特徴の MATLAB® コードを生成します。アプリは、事前のデータ処理と特徴抽出自体の両方を再現するコードを提供します。たとえば、アプリで計算したパワー スペクトルに基づく特徴を選択した場合、生成コードにはスペクトルの処理と特徴の処理が含まれます。

単一の特徴テーブルのすべての特徴を選択することも、その table の上位ランクの特徴のみを選択することもできます。

[特徴テーブル] で、作業する特徴テーブルを選択します。

[ランク付けアルゴリズム] で、選択した特徴に順序を付けるために使用するランク付けアルゴリズムを選択します。セッション中に適用したランク付けアルゴリズムのみが選択肢として表示されます。ランク付けに関係なく、すべての特徴のコードを生成する場合は、[すべての特徴を使用] を選択します。

[上位の特徴の数] では、コードを生成する特徴の数を選択します。

[OK] をクリックすると、アプリは関数のコードをエディターに生成します。

特定の入力や手法で特徴をフィルター処理するなど、選択内容をさらにカスタマイズする場合、[次の関数を生成...] を使用します。このオプションを選択すると、すべての信号、特徴、およびランク付けの table のリストが開き、そこで選択できます。また、[コード生成] タブも開きます。[コード生成] タブでは、選択リストの項目をフィルター処理して、生成コードに含めるものを調整できます。フィルターなしですべての選択肢を表示するには、[選択した項目で並べ替え] をクリックします。選択が完了したら、[関数の生成] をクリックします。

詳細については、以下を参照してください。