Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

計算のオプション

診断特徴デザイナーによる計算の実行方法と結果の格納場所に関する設定を指定します。一部のオプションは特定の状態下でのみ表示されます。

独立変数

データをインポートする際、信号に対して 1 つ以上の独立変数 (IV) を指定できます。インポートの完了後、どの独立変数を使用するかを選択できます。選択肢は、インポート処理に際し少なくとも 1 つの信号に対して複数の IV を指定すると使用可能になります。選択することで、該当するすべての信号の IV が変更されます。代替 IV の指定の詳細については、診断特徴デザイナーへのデータのインポートの「代替 IV としてのサンプル インデックスの指定」を参照してください。

データ処理モード

既定では、アプリは信号全体を処理します。また、信号を均一のセグメント、つまり "フレーム" に分割して、逐次的に処理することもできます。フレームベースの処理を使用すると、たとえば、急激な信号変化を突き止めたり、予知ランク付けの完全な特徴セットを計算して残存耐用年数の計算を行ったりすることができます。

  • 完全な信号 — 連続する 1 つの時系列で信号全体を処理します。たとえば、20 個の振動信号のアンサンブルがあり、特徴 [時間領域の特徴]、[信号の特徴]、[平均] を選択するとします。平均の値を 20 個作成します (各メンバー信号に 1 つずつ)。

  • フレームベース — 信号をフレーム サイズとレートによって定義された一連のセグメントとして処理します。

    • フレーム サイズ (FS) — データが提供される時間間隔を秒単位で指定します。

    • フレーム レート (FR) — フレームの開始時間の間の時間間隔を秒単位で指定します。この間隔は、新しいフレームが開始される際の周波数と同じです。

    • フレーム ポリシーの選択 — 以前に指定したフレーム サイズとフレーム レートのペアを使用します。アプリは各フレーム設定のペアを "フレーム ポリシー" に保存します。複数のフレーム ポリシーを保持し、このメニューを使用してそれらのポリシーから選択することができます。現在のフレーム サイズとフレーム レートのエントリから新しいフレーム ポリシーを作成するには、[新規フレーム...] を選択します。

      たとえば、20 個の振動信号のアンサンブルがあり、各信号の長さは少なくとも 100 秒であると仮定します。[フレーム サイズ (FS)]50 秒、[フレーム レート (FR)]40 秒と入力すると、各信号には少なくとも次の 3 つのフレームが含まれます。

      • フレーム 1: 0 ~ 50 秒

      • フレーム 2: 40 ~ 90 秒

      • フレーム 3: 80 ~ L。ここで、L は最小で 130 秒または信号の終了時間です。

        フレームベースのデータ処理モードで平均の特徴を計算する場合、各信号には少なくとも 3 つの平均値が含まれます (各フレームに 1 つの平均値)。

結果によって場所を返す

データに対して処理操作を実行するときはいつでも、新しい派生変数または特徴を作成します。既定では、アプリは派生変数および特徴を元のデータと同じデータセットまたはフォルダーに書き込みます。

アンサンブル データストア オブジェクトをインポートするときに、結果を格納する場所を選択できます。次のオプションは、アンサンブル データストア オブジェクトに対してのみ使用可能です。

  • 結果を元のデータと同じフォルダーに書き出す — 派生変数および特徴をアンサンブル データストア オブジェクトで参照されている外部フォルダーに書き込みます。fileEnsembleDatastore オブジェクトを使用している場合、そのオブジェクトにはデータ構造体に固有の関数 write への参照が含まれていなければなりません。simulationEnsembleDatastore には関数 write は必要ありません。

  • すべての結果を一時的にメモリに保存 — 派生変数および特徴をアプリのローカル ワークスペースに書き込みます。たとえば、次のような場合にこのオプションを選択します。

    • 少なくとも処理や特徴の生成が終了するまで、ソース ファイルを元の状態のまま維持する。

    • ソース ファイルに対する書き込み権限がない。

    • 関数 write がなく、fileEnsembleDatastore を使用している。

    • ソース ファイルに結果を書き戻す処理が低速である。

    セッションの終了時にローカルの結果を保持するには、[セッションの保存] を使用します。結果を table として MATLAB® ワークスペースにエクスポートすることもできます。ワークスペースでは、結果をファイルに格納したり、アンサンブル データストア コマンドを使用して結果を選択的に統合することができます。アンサンブル データストア オブジェクトの使用の詳細については、次を参照してください。

並列計算の使用

診断特徴デザイナーの主な機能は、すべてのアンサンブル メンバーに対して集合的に操作を実行することです。こうした操作のほとんどで、メンバーの計算を相互に独立して実行することができます。多数のメンバーが存在する場合、並列処理を使用することで性能が大幅に向上します。

Parallel Computing Toolbox™ がインストールされている場合、アプリ内で並列計算を呼び出すオプションがあります。[並列計算の使用] を選択します。