最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

IGBT 熱損失の定量化

この例では、スイッチング損失と伝導損失に基づき、絶縁ゲート バイポーラ トランジスタ (IGBT) 上の温度プロファイルの生成を示します。降圧コンバーターが 2 つあります。1 つのコンバーターでは、IGBT が Foster 熱モデルに連結されます。もう 1 つのコンバーターでは、IGBT が Cauer 熱モデルに連結されます。それぞれの熱モデルのパラメーターは、結果がほぼ同等になるように調整されます。シミュレーション時間 50 ms で、駆動周波数が 40 kHz から 20 kHz に変化し、伝導損失が増大してスイッチング損失が減少します。損失が変化すると、それに対応して IGBT の温度も変化します。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、Foster 熱モデルと Cauer 熱モデルの両方について、IGBT の温度とエネルギー損失を時間の関数として示しています。電力損失は、エネルギー損失曲線の勾配です。