Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

エレクトロニクス、メカトロニクス、および電力システム ネットワークの作成とシミュレーション

モデルの構築手法、ベスト プラクティス

次のようなモデル化とシミュレーションの重要な手法について学びます。

  • 複合三相端子と展開三相端子の切り替え

  • 物理量信号端子と電気端子の切り替え

  • 熱端子を用いた熱効果のシミュレーション

トピック

基本的な電気モデリング手法

Simscape™ Electrical™ を使用してエレクトロニクス システム、メカトロニクス システム、および電力システム ネットワークを作成する際に、Simscape のモデル化のルールを適用する。

三相端子

三相線用の複合端子または単相線用の展開端子を使用して、三相ブロックを接続します。

物理量信号端子と電気量保存端子の切り替え

Simscape Electrical のブロック上で、物理量信号端子と電気量保存端子を切り替える。

論理ブロックの出力モデルの選択

論理ブロックで使用可能な 2 つの出力モデルの確認。

エレクトロニクス システム、メカトロニクス システム、または電力システムのシミュレーション

Simscape Electrical モデルをシミュレートするためのベスト プラクティスと手法の確認。

半導体の熱効果のシミュレーション

熱端子の使用による、発生する熱とデバイスの温度のシミュレーション。

回転アクチュエータおよび並進アクチュエータでの熱効果のシミュレーション

熱端子の使用による、発生する熱とデバイスの温度のシミュレーション。

太陽光/熱 (PV/T) ハイブリッド ソーラー パネル

Simscape、Simscape Electrical および Simscape Fluids™ を使用してマルチドメイン電力コジェネレーション システムをモデル化する。

注目の例