最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

降圧コンバーターの伝導エミッション

この例では、ソース上のコモン モードと差動モードのノイズ測定用に構成された降圧コンバーターを示します。コモン モードのノイズをシミュレートするには、回路と基準平面の間の容量結合をモデルに含めなければなりません。この回路には、スイッチング ノード間の静電容量 (High 側と Low 側のトランジスタ間) と基準平面も含まれています。

コモン モードと差動モードのノイズの標準のインピーダンスおよび測定端子を提供するために、理想的な線路インピーダンス安定化ネットワーク (LISN) が、電源の各端子と降圧コンバーターの入力の間に配置されています。

定常状態条件下でノイズの測定値を得るために、定常状態操作点が保存され、ノイズ シミュレーションの開始点として使用されます。

モデル

以下のプロットは、スイッチング周波数 200 kHz で稼働する降圧コンバーターの、コモン モードと差動モードのノイズを示しています。