Main Content

柔軟なディッパー アーム

この例では、Reduced Order Flexible Solid ブロックを使用することにより、掘削機やバックホーのアームなど、柔軟なディッパー アームをモデル化する方法を説明します。このブロックは、インターフェイス座標系の位置に関連付けられている低次元化された剛性行列および質量行列により、変形可能なボディの機械動作をキャプチャします。この例では、Partial Differential Equation Toolbox™ を使用して低次元化モデルを作成します。

ディッパーは回転タワーの最上部に試験リグの一部として取り付けられます。シリンダーはアームを垂直方向に作動させ、回転タワーによりアームを左右に揺らすことが可能になります。固い壁と接触できるように、球面のテスト ツールがディッパーの先端に取り付けられます。Scope ブロックを使用すると、リグの運動の結果による変形および反力を可視化できます。

参考

|

関連するトピック