Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

分巻電動機

この例では、分巻電動機のモデルを説明します。分巻電動機では、界磁巻線と電機子巻線とが並列に接続されています。等価回路パラメーターは、電機子抵抗 Ra=110 Ω、界磁抵抗 Rf=2.46K Ω および逆起電力係数 Laf=5.11 です。逆起電力は Laf*If*Ia*w によって求められます。ここで、If は界磁電流、Ia は電機子電流、w は回転子の速度 (ラジアン/秒) です。回転子の慣性 J は 2.2e-4kgm^2、回転子の減衰係数 B は 2.8e-6Nm/(ラジアン/秒) です。

このモデルに関するメーカーのデータでは、無負荷速度は 4600 rpm、定格負荷での速度は 4000 rpm となっています。このモデルをシミュレートすることで、これらの値を確認し、等価回路の値の計算を修正することができます。

モデル

Shunt Motor サブシステム

Scope からのシミュレーション結果

Simscape ログからのシミュレーション結果