Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

全波ブリッジ整流器

この例では、理想的な AC 変圧器と全波ブリッジ整流器の組み合わせを説明します。この変圧器は 120 V AC を 12 V DC に変換します。変圧器の巻数比は 14 で、電源を 8.6 Vrms (つまりピークツーピーク電圧 8.6*sqrt(2) = 12 V) まで段階的に下げます。全波ブリッジ整流器とコンデンサの組み合わせでこれを DC に変換します。抵抗は典型的な負荷を表します。

このモデルは、指定された負荷に必要なコンデンサのサイズを決定するために利用できます。指定されたサイズのコンデンサに対して、負荷抵抗が増大するにつれて DC 電圧のリップルが増加します。このモデルは、リップルの影響を評価する目的で、応用回路の駆動にも利用できます。

モデル

Scope からのシミュレーション結果

Simscape ログからのシミュレーション結果

プロット "Bridge Rectifier Voltages and Currents" は、AC 電圧がどのように DC 電圧に変換されるかを示します。濃い青のラインは、ブリッジのソース側の AC 電圧です。ダイオード ブリッジを流れる電流には 2 つの経路があります。ダイオード 1 および 4 とダイオード 2 および 3 で交互に現れるピークは、電圧の極性が変化しても、コンデンサに流れる電流が同じ方向に流れていることを示します。負荷電圧のリップルは、コンデンサの充電と放電に対応します。